働く男の健康ライフ 働く男の健康ライフ

働く男の健康ライフ

ご相談者:高尾潤さん/55歳/イベント企画会社勤務
今回お話しくださったドクター:東京医科大学八王子医療センター 副院長・心臓血管外科 教授 進藤俊哉先生です。


お腹が出てきた高尾さん。ここ最近歩くと足が痛いといいます。

「いよいよ自分の体重も支えきれなくなったかな...」そんな気持ちで整形外科を訪ねた高尾さん。すると先生は「こちらでしっかり診てもらってください」と、心臓血管外科に紹介状を書いてくださいました。「足が痛いだけなのに、心臓?血管?」。そんな疑問と不安を抱えて検査を受けたところ、なんと、動脈硬化症の疑いを指摘されてしまったのです...。
Q.

動脈硬化...先生、私、心臓はなんともありませんよ。胸が痛くなったこともなければ、息切れがするようなこともありません。動脈硬化って心臓の病気ですよね?私が痛いのは、足なんですけど...。

A.

ひと口に動脈硬化といっても、症状が心臓に現れれば狭心症や心筋梗塞、弁膜症と診断されますが、閉塞性動脈硬化症の場合は、足に症状が出ることがあるんです。高尾さんのケースはまさしくそれが疑われますね。原因は、生活習慣病の1つである高脂血症や喫煙などです。

Q.

高脂血症とおっしゃいますが、とりわけ大食いをするわけでもなく食べる量は昔と変わりません。それに脂っこいものを好んで食べるというわけでもありません。

A.

若いうちは筋肉量も多く、基礎代謝量も大きいのであまり脂肪になることはありません。でも、50歳を過ぎても同じ量を食べ、運動もせずにいたら脂肪はどんどん蓄積されていきます。こうした生活を長年続けていれば当然ながら高脂血症にもなりやすく、血管内の動脈硬化も進んでいきます 。

Q.

ということは、タバコを吸わず、食事の量をコントロールして、日常的に運動をしていたら高脂血症にならなかったし、動脈硬化を疑われることもなかったんですね?

A.

正確にはそうとも言い切れないんです。そもそも男性であるということと、50歳を過ぎた中高年であるということだけで、動脈硬化を引き起こす危険因子をすでに2つ持っていることになるんです。ただおっしゃるように、生活習慣病を予防する心がけは中高年の方が健康的に働く上で大きくプラ スに作用することは間違いありません。それは非常に大事なことです。

今の高尾さんの状態は、すぐに外科手術が必要になるようなものではないと思われます。閉塞性動脈硬化症をおこして足が痛くなり「即手術」という人は、痛みやしびれが長く続いていて、それを放置していたケースがほとんどです。「ここ最近、足に痛みを感じる」という高尾さんの場合は、内科の先生と相談をして、投薬治療と生活習慣の改善(運動療法や食事療法)を行えば、動脈硬化の進行を制御し、退縮させることもできると考えられます。
進藤先生からのワンポイント・アドバイス
高脂血症を予防して動脈硬化を抑止するには、運動と食事管理の2つが大事です。忙しくて運動をする時間がとれないというのなら、通勤帰りの1駅分を歩くくらいでも良いでしょう。確かに続けることは大変ですが、体が資本の働き盛りの大黒柱なら、そのあたりはしっかり考えてみるべきではないでしょうか。
・東京医科大学八王子医療センター ・・・
http://hachioji.tokyo-med.ac.jp/
・東京医科大学八王子医療センター 心臓血管外科・・・
http://hachioji.tokyo-med.ac.jp/division/d13.html
・東京医科大学八王子医療センター 脳神経外科・・・
http://www.hachioji.tokyo-med.neurosurg.jp/
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2014/06/30
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・吉村高廣=文 ▼編集部・渡部恒雄=撮影

過去の記事

リーダーズ・アイ
〈9〉
歌手& ミュージカルプロデューサー 中尾ミエの視点 コニー・フランシスが1961年に発表した『Pretty Little Baby』... 2020.07.15更新
リアル・ビジネス
英会話〈17〉
〈17〉
Let me confirm... 確認する ビジネスシーンで多用される言葉の1つに「確認」があります... 2020.07.14更新
Officeオブジェクション
〈3〉
オフィスにも"サブスク"の波 バブル景気の華やぎがまだかろうじて残っていた1990年代前半... 2020.07.02更新
若手のための
“自己キャリア”〈11〉
〈11〉
三行メールの功罪 ビジネス関連のWEBサイトを眺めていると... 2020.06.26更新
企業見聞
〈23〉
ショッピングセンターの草分けとして、 明るい未来を展望する。 昭和26年、戦後の銀座の復興と交通渋滞の緩和を目的に... 2020.06.22更新
働く男の健康ライフ
〈2〉
コロナブルーからココロの健康を保つ 新型コロナがもたらした閉鎖的な環境(自粛生活)の中で... 2020.06.12更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈6〉
家庭用ビアサーバー 4月の上旬、世界中でSTAY HOME!... 2020.06.08更新
領国経営
影の実力者たち〈8〉
〈8〉
江戸飢饉を生き抜いたリスクマネージメント 松平定信 上杉鷹山 渡辺崋山 江戸時代は、大小30回以上の飢饉に見舞われた。中でも... 2020.05.27更新
リアル・ビジネス
英会話〈16〉
〈16〉
In a nutshell 覚えておきたい!頻出イディオム このシリーズの#9でもLessonした通り、ビジネスシーンで... 2020.05.12更新
偉人たちの言葉
〈2〉
明智光秀の自己肯定感 明智光秀には人生を総括した2つの"辞世の句"が... 2020.05.11更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈14〉
〈14〉
固定観念にとらわれず全体最適を追求する 人は誰しも、年齢を重ねるとともに思考が硬直化してゆきます... 2020.04.27更新
働く男の健康ライフ
〈1〉
増えている! テレワークでメンタル不調 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて... 2020.04.24更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ