偉人たちの言葉 #1

乱世を生き抜く 麒麟を呼ぶ金言 乱世を生き抜く 麒麟を呼ぶ金言

第一回 明智光秀のロイヤリティ 第一回 明智光秀のロイヤリティ

明智光秀を語るとき、真っ先に思い浮かぶのが「主君殺しの裏切り者」という言葉です。"本能寺の変"は戦国史上最大のクーデターだけに、大河ドラマの爽やか過ぎる十兵衛(若き日の光秀)に違和感がある方も少なくないことでしょう。ドラマでは生きざまの辻褄合わせがおこなわれるでしょうが、実際の光秀については謎だらけ。その素顔は史実としてはほとんど語られておらず、戦国時代の名武将にしては気の利いた名言も多くは残されていません。そうした中で、彼の人となりを最もよく表しているのがこの句です。
鳴かぬなら
わたしが鳴こう
ホトトギス
超解説
思い通りにならないと、「殺してしまえ!」と言って切り捨ててしまう信長に仕えた明智光秀。超短気なワンマン社長の懐刀として、それはもう苦労の連続であっただろうことは容易に察しがつきます。それでも光秀は信長に深い恩義を感じていたようで、この句にも「親方さまの手に余ることは、すべてわたしが引き受けましょう」という光秀の強いロイヤリティが感じられます。
強烈な個性をもつリーダーの下には、優秀な実務家が必ずいて組織内のバランスを保っているもの。また、そうした能力や忠誠心を見抜き、側近として引き立てるのも優れたリーダーの才能です。さまざまなハラスメントが言われる令和の時代からすると、かなりいびつな絆ですが、信長と光秀の間にも確かに信頼関係があったのです。
ところがなぜ「敵は本能寺にあり」という結末に至ってしまったのか。それは信長に対する失望です。光秀は信長の天下統一に、乱世に平和を誘う「麒麟」の姿を重ねて見ていたはずです。それが幻想だと悟ったとき、「親方さまが麒麟になれぬなら、このわたしが」そう決意したのでしょう。後世、「忠誠心に個人的な感情を交えるな」を人生訓とした勝海舟は、光秀の純粋さを嗤ったのかも知れません。
明智光秀(1526~1582) 斎藤道三の家臣・明智光綱の子として誕生。父の逝去により13歳で家督相続。明智城の戦いに敗北し31歳から浪人となる。40歳、越前の大名・朝倉義景に仕える。44歳、織田家臣として本圀寺の戦いに参戦。その後、比叡山延暦寺の焼き討ちに参加。この時の活躍により坂本城主となる。そして57歳、本能寺の変で織田信長を討つも、山崎の戦いで羽柴秀吉に敗北。敗走中に落ち武者狩りに襲われて負傷し自刃した。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2020/03/05
▼構成=編集部

過去の記事

リーダーズ・アイ
〈10〉
将棋棋士 杉本昌隆の視点 いずれも劣らぬ天才たちの"静かなる攻防"に手に汗握る将棋の世界... 2020.11.19更新
領国経営
影の実力者たち〈10〉
〈10〉
組織の維持や繁栄に貢献した戦国の女たち 小松殿・阿茶局・妙印尼 戦国時代には、歴史を作るたくましさを備えた女性たちが... 2020.11.09更新
Officeオブジェクション
〈5〉
ポストコロナ時代のオフィス計画② 時差通勤と鳥取型オフィスシステム 「東京の朝を、変えるぜよ。」これは"満員電車ゼロ"を... 2020.11.06更新
オフィス探訪
〈6〉
RPAによる働き方改革を!ディップ株式会社『デジレバ』 「バイトル」、「バイトルNEXT」、「はたらこねっと」... 2020.11.04更新
リアル・ビジネス
英会話〈18〉
〈18〉
you are wrong. 反論or人格否定 アメリカのビジネスシーンでは、ミーティングや... 2020.10.29更新
働く男の健康ライフ
〈4〉
新入社員の心の壁"固定電話恐怖症" 若いころ、連絡手段が電話しかなかったオジサマ世代にとっては... 2020.10.22更新
Officeオブジェクション
〈4〉
ポストコロナ時代のオフィス計画① 非接触型オフィスの実現 緊急事態宣言が解除されて約5か月、自宅待機や... 2020.10.21更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈7〉
うがい薬 月4日、日本中がびっくり仰天するような記者会見が... 2020.10.08更新
偉人たちの言葉
〈3〉
第三回 明智光秀の度量 仕事上の"嘘"は時として、人間関係を円滑にしたり... 2020.09.23更新
若手のための
“自己キャリア”〈12〉
〈12〉
自己効力感を高める 「仕事ができる人は忙しくても身体を鍛えている」... 2020.09.17更新
エリア特集
〈24〉
開港以来、進化を止めないまち 横浜市 開港以来、近代文明発祥の地として日本の経済成長を... 2020.09.02更新
領国経営
影の実力者たち〈9〉
〈9〉
歴史を作るたくましさを備えた 戦国大名を支えた女たち 前田まつ・竹林院・山内千代 近年、女性の社会進出は大きく進んでおり... 2020.08.31更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ